緋色のつぶやき

とりあえず・・・日々の想いをつらつらと。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ばっさり!!

昨日は、半日仕事をお休みしてリフレッシュしました。
たまには、こういう日があってもいいものです。(^o^)

と言っても、銀行行ったり買い物したり・・・と
バタバタしているうちに終わっちゃうんですけどね。


で、ずっと念願(?)だった美容院に行ってきました♪
20cmくらいバッサリとカットしてスッキリ。
頭が軽いですね~。
最近肩こりがひどいのですが、少しはよくなるかしら?(^^;

でも、本当はショートにしてしまいたい気分なんですけどね。
子どもの七五三で着物を着たいなと思っているので、
肩にかかる長さで残しておきました。

さて、次回のカットはいつになることやら・・・(苦笑)
スポンサーサイト


無事に終了♪

コンサート、大きなトラブルもなく昨日、無事に終わりました。
聴きに来て頂いた皆様、ありがとうございました。(^o^)

思った以上に来場者数が多く、満席になってしまったのにはビックリでした。
個人的には、練習不足だったり裏方仕事を含めた不備がいっぱいありましたが、
でも、楽しく演奏することが出来ました。(^o^)
観客の子ども達の反応も、去年より良かったように思います。

なにより、一時はどうなることかと思ったアンサンブルや子どものハンドベルも
旦那の取ってくれた録画を見て、曲になっていたので一安心。(^^;

レベルは分かりませんが、うちのバンドらしい演奏会が出来たかな?
と自己満足しています。(^o^)

まぁ、いつでも子どもと一緒にステージに立ってしまう私達の演奏スタイルは、
型破りすぎて比較する相手もいませんけどね。(笑)


さてさて、今年はちいたんもステージに載ったのですが・・・
昨年のふぅと同様、いろいろとやってくれました。
オープニング曲が終わった時点で「ねる~」と緋色の膝の上に来て、
2曲目が終わる頃にはお昼寝タイム。
1部の最後の曲が終わる頃までずっと眠り続けてくれました。
もちろん、ず~っと抱っこしたまま演奏です。(苦笑)

そして、起きて曲が終わった瞬間「もうおしまい?」ですからね。(爆)
# そういえば、会場に着いた瞬間にも「もうかえるの?」だったっけ・・・
# 嫌と言うわけではなく、反応を見るのが楽しいみたいで。(アセ


2部のアンサンブルの最中も緋色が演奏している後ろをチョロチョロ。
見ていないところで譜面台を倒すんじゃないかと気が気じゃないし・・・

子ども達がみんな前に出る時も最初は「でない」と言っていたのに、
2~3テンポ遅れて結局は「いく~」とトコトコ。

一事が万事その調子で・・・はぁぁ、疲れました。
ま、おかげで緊張している暇なんてないんですけど。(^^;


昨日は、家に帰るとバテてしまい早々に寝てしまいました。
今日も仕事にいまひとつ身が入らなかった緋色でした・・・

明日から頑張りまーす♪


プラネタリウム

先ほど、IEエラーの強制終了で書きかけの記事がパーになり、きゃぁ~~~!!!
途中まではメモ帳で書いていたから、多少は残っていたんですけどね・・・(>_<)

ま、気を取り直して、アップします・・・


~~~~~~~~~~~~
名古屋に世界最大のプラネタリウム誕生へ (asahi.com)

世界最大だと、一体どんな風に見えるんでしょうね?
なんかワクワクしませんか?
2010年だと3年後・・・子ども達と一緒に行くのに丁度良い年齢かな?
楽しみ、楽しみ♪


さて、プラネタリウムと言えば、先日、ふぅが保育園で行ってきました。
暗いのは苦手だから大丈夫かと心配でしたが、全然問題なかったようです。
星がたくさん見れたことや、係員さんに聞いた説明をたくさん教えてくれましたよ♪


私も小さい頃はよく行ったな・・・
幼稚園の頃に1人で勝手に出かけたこともありました。(アセ

# もともと1人(or妹と2人)で勝手に行動するタイプだったので。
# 当時はそれだけ平和な時代だったのでしょう。
# 今の時代では考えられませんよね。


星空に星座の絵が映し出され、ギリシャ神話の話を聞くのが大好きでした。
昼間にも関わらず星がたくさん見えるのが、なんとも不思議で。
星空が移動すると自分の体が動いているように感じるのも、これまた不思議で。

あまりにも不思議で、一所懸命に星を映し出す装置を見ていた私。
見るべきものは星空だってば・・・間違っていますよね。(^^;

でも、プラネタリウムが移転してからはあまり行かなくなってしまいました。
料金が高くなり、小遣いが厳しくなってしまったので。(アセ


昔を思い出して懐かしみつつ、プラネタリウムが家で見れたらいいのになぁ・・・
と検索していたら、こんな本を発見。



やはり、こういう人っているんですね。
すごいなぁと思う以上に、半生をかけて打ち込めるまで熱中できることがある、
と言うことが羨ましいです。
レビューの評価も良いし、何よりも私好みで面白そうだったので、早速、
図書館で予約してしまいました。

楽しみ、楽しみ♪

# 借りてきて読めていない本、溜まっているのにね。
# また、夜中に読書タイムかしら・・・???
# 我ながら困ったものです。


こういう本が好きなあたり、私ってやっぱり理系人間なのかなぁ?!


プラネタリウム、久々に行きたいなぁ~。


市歌

先日、浜松市の新市歌がお披露目になりましたね。
テレビのニュースでチラリと流れていました。

どんな曲に仕上がっているのか興味があり、探してみたところ・・・
こんなところで見つけました。

伊藤康英氏公式ページより

最後が少し重厚な印象だけど、全体としては歌いやすい曲かな。
ごくごく無難にまとまっていますね。
市歌だから、当たり前なのかしら・・・???(^^;
少なくとも、緋色は嫌いではありませんでした。
旦那は「暗い!」と言っていましたけどね。(笑)


ちなみに、作曲の伊藤康英氏は地元浜松出身の方です。
「ぐるりよざ」をはじめ、吹奏楽曲の作曲や編曲を数多く手がけている方なので、
吹奏楽経験者の中にはご存知の方も多いかと思います。

私自身は、何度か指導を受けたり、楽譜にサイン貰ったり、その他諸々・・・
何度かお目にかかったことがあるので、勝手に親しみを持っています。
ご実家の場所も知っているし。

と言っても、多分、あちらは覚えていないと思いますけどね。(^^;



さて、康英氏のサイトに行ったついででCDを眺めてみると、、
学生時代にとても欲しかった曲が収録されているCDを発見。
(当時はCDに収録されていなかったんです・・・調べた範囲内では。)

今更ですが、買おうかな?どうしようかな?と迷い中。(^^;


ところで、旧の市歌、意外と知らないものなんですね。
小学生の頃、学校で毎朝流れていて、馴染みの深い曲だったので
ビックリしてしまいました。
作詞が森鴎外と古いので、歌詞は古めかしいんですけど、
当時の風情はよく出ているように感じます。

もう、聴くことはないのかな・・・
少々寂しさを感じてしまうのは、年をとった証拠かしら???(アセ


楽器屋さんにて

来週末はコンサートと言うことで、昨日は1日練習だったのですが、
アンサンブルの曲中で高いファ(E♭)の音が1度も当たらず凹みました。
おまけに力みすぎて噛んでしまった下唇が痛いです・・・(>_<)

多分、正しいアンブッシュアが保てないのが原因。
(パッセージが難しくて指が廻りきっていないせいもありますが・・・)
ここ数ヶ月、練習にほとんど行けなかったから、明らかに練習不足ですね。
おまけにアンサンブルの練習は、午後のラストだったし。

本番までにはどうにかすべく努力します・・・ってどうにかなるのか???
メロディラインだから、どうにかしないわけにはいかないんだけど。(泣)


~~~~~~~~~~
さて、話は変わって、今日は久々に街中でお買い物。
ついでにリードを買うためにヤマハに寄り道してみたところ「管楽器フェア」の文字。

何気なく見てみるとマウスピースやリガチャーのセール中。
しかも今日まで!!
そろそろ買い換えないといけないなぁと思いつつ、ずっと迷っていたリガチャー。
思わず購入してしまいました・・・勢いだけで。(^^;

散々迷ったのですが、VandorenのMasterにしました。
(金属製の、黒くてリードの反対側でネジを締めるヤツです。)

# 今まで使っていたのもこのリガチャーで馴染みがあったし、
# 店頭で初心者への「オススメ」商品になっていたし、(←万年初心者の私)
# お値段もお安いし(笑)
# マウスピースが5RVなので、と~っても無難な組み合わせ・・・のハズ。


本当はマウスピースもそろそろ買い換えたいんですけどね。
下手くそなので試奏しに行く勇気がなくて滞っています。
# 高校時代に購入したものなので、一体何年前のものを使用しているのやら・・・(アセ

もちろん、本来の目的だったリードも買ってきましたよ。
こちらは、いつものVandoren(青箱)とおまけでRico(Traditional)
Ricoは初めて買ってみたんですけど、どうなんでしょうね???
コンサートが終わってから、吹いてみるのが楽しみです♪


  TopPage  



Copyright ©緋色のつぶやき. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。